力学 アーカイブ - ページ 2 / 3 - 文系にこそ読んでほしい高校物理のコツ

9_水平方向

この問題は、平面運動関連では一番難しい「斜方投射」の問題ですな。ただ、問題自体は非常に基本的です。なのでこの問題ができれば、「落体の運動の基礎は理解できている」と言っていいでしょう!また、今まで問題とは少し違う点がありますので下のポイントを見てから進むと良いかも?

[続きを読む]

8_x

本日の問題は、この水平投射の問題です。難易度としては非常に基本的なレベルです。ポイントはx軸とy軸、つまり水平方向と垂直方向を分けて考えることです。等加速度運動の3公式はもう暗記できたでしょうか?一応、公式集のリンクは貼っておきます。★1.5ぐらい

[続きを読む]

Figure_自由落下と鉛直投げ下ろし

自由落下と鉛直投げ下ろしの融合問題をを解きます。1つ問題の中に、2種類の運動が含まれているの難しく感じるかもしれません。ポイントは、1つ1つ考えることと、時間のズレを式にすることです(^^) この問題は図を書くことがより活きてきますので、しっかり書きましょう。難易度は★2ぐらい

[続きを読む]

Figure_自由落下

今回は、この問題を解きます。ポイントは、正の方向をきちんと考えることと、公式を自在に使えることです(^^)  あと、意外に忘れがちだけど問題文にも少し触れますよ〜 実戦用のちょうどいいレベルの図の書き方なども、見て何か吸収してってください。難易度は★2ぐらいですかな?

[続きを読む]

鉛直投げ上げ

第5回目の内容は平面運動です。直線運動や落下運動、投射運動のことですね(^^)/ どこの学校でも、物理•物理基礎といえば最初に勉強する分野だと思います。おそらく、物理の基本的な考え方を学べるから最初なんでしょう(-_-) ただそれだけに、ちゃんとコツを知っておかないと後々大変なことになります。しっかり理解しましょう。

[続きを読む]

ベクトル分解

今回は、ベクトルの合成と分解を扱います。いろんな分野にも顔を出します。「これができれば物理はほぼできると言っても過言ではないっ!!」ってな感じです。合成と分解で必要なことは直角をつくることなので、慣れれば誰でもできるはずです。※第3回の続きですので、状況設定などがいまいちわからないという人は第3回参照

[続きを読む]

平面上の相対速度

前回は、直線上での相対速度を扱いました。
今回はその続きとして、 平面上の相対速度 について扱います。
また、それに伴ってベクトルの合成•分解にも触れる必要がありますが、それは次回にするとして…
今は、相対速度にしっかりなれておきましょう。

[続きを読む]

2_サムネ

今回も物理を勉強する上で最低限必要な知識を学びます。具体的には相対速度です。相対速度は意味がわからなくとも、問題を解けないことはないのですが、これを知っていることで問題が簡単になることがあります。ただ考え方ごっちゃになって、「相対速度は使わないっ!」と諦める人もいるようなので、力になれればなと思います。

[続きを読む]

平均の速度

ここでは、物理の基本である速度について扱います。速度は各所で文章問題として現れ、多くの人を苦しめてきました。しかし、物理を扱う上では前回の単位に続いて 速度 も必須事項なのです。力学だけでなく、物理のあらゆる分野に顔を出します。ここでは 速度 の基本と、合成、加速度について触れます。

[続きを読む]

忘れちゃ減点! 単位 について

単位サムネ

 物理を学ぶ中で切っても切り離せないものがあります。それは、”単位”です。このページでは、単位について記述していきます。「数学や理科でやったから、そんなのもう分かってるよ〜」という人は飛ばしてもらっても大丈夫だと思います。ちょっと怪しいなという人はこのページを見て確認しましょう。ついでにベクトルについても扱います。

[続きを読む]

2 / 3123